• 千葉の地酒と千葉の酒蔵見学


◆◆ にごり新酒@九十九里の酒 舞桜 で乾杯! 守屋酒造酒蔵◆◆
いつもありがとうございます。
守屋酒造・五代目蔵主 守屋雅博です。
本日も新酒の話題を1つ。
守屋酒造の店頭には
本年の新酒、にごり酒も並びました。
度数は15度。本醸造のにごりです。
スッキリとした飲み心地のお酒です。
量はあまりありませんのでお早めに♪
よく質問されるのですが、
にごりとどぶろくって違うのって言われます。
当蔵では
タンクの中の状態をもろみ
それを粗濾し(あらごし)でとったものを どぶろくと言っています。
酒造りでは、一般的にもろみは搾る工程へ進みます。この作業を上槽(じょうそう)と言います。
この時の搾った粕を酒粕と言い、あま酒や粕汁にご利用頂いています。
搾り出されたお酒は、お米の磨ぎ汁くらい白濁していますので、
別タンクにとって沈殿、分離させます。
上の澄みきった部分のお酒を「清酒」または「新酒」と呼び、沈殿したものを「濁酒(だくしゅ にごり酒)」と呼びます。
どぶろくは、つぶつぶ感のあるもの、にごり酒は、粉状のさらさらしたものになります。
お酒の種類も異なりますので、是非いろいろとお試し下さいませ。
このあと純米吟醸生ができ
新酒が出揃います。
本年のうまさを醸した地酒の旨味を
酒蔵の旬をお楽しみ下さい。
千葉発日本一の夢をコンセプトに
全国商品発送も承ります。
これからも九十九里の酒、千葉の地酒の伝道師、ガンバリマス。
守屋酒造はこんな酒蔵です。
http://jizakemaizakura.blog74.fc2.com/blog-category-2.h
最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。
地酒舞桜 守屋酒造株式会社
五代目蔵主 守屋雅博



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です