• おいしい地酒と酒蔵見学


◆◆ 千葉の地酒 舞桜 で乾杯!! 酒造り 新酒舞桜百年の雫@守屋酒造酒蔵by地酒舞桜  ◆◆◆
こんにちは!! 守屋酒造・五代目蔵主 守屋雅博です。
10月中旬から、お酒の仕込みが始まりました。
お酒は最初から大きなタンクで仕込むのではな く さまざまな作業を経て、大きなタンクで仕上が ります。
弊社の場合ですと
10月24日 洗米
60%に精米されたお米 を丁寧に且つ時間内に洗います。 ご飯を炊く時と同じです。
10月26日 蒸米(むしまい)
お米にしっか りと熱を加え、お米を蒸していきます。 蒸したお米を麹室(こうじむ ろ)に入れる 引き込みという作業をします。
10月28日出麹(でこうじ)
 麹室の中で麹 をはぜたお米を、枯らし場に出す作業 枯らし場では、お米の表面 に石庭のような波状の筋を入れて表面積を広く して水分を抜く作業をします。
10月29日  立て(もとたて)
壺台(つぼ だい)と呼ばれる小さなタンクで仕込みます。
酒造りは 1麹(こうじ) 2 (もと) 3造りと言われています。
しっかりと発酵が進めば、その後は大きなタン クでもしっかりと発酵していきます。
すでに新酒のお問い合わせもちらほら頂いてお りますが、
今年も最初に「舞桜 百年の雫」をご案内します。
百年の雫は、一般に流通しない 酒蔵ならでは の生原酒!!! 旬のお味が 新年に間に合いますので、ぜひご 利用くださいませ
写真は、麹室の中の麹の様子です。
蔵としてできること、一つずつ進めてまいります。
ご利用くださいませ 。
一緒懸命、美味しい地酒造りに精進します。
酒蔵見学もお待ちしております。 守屋酒造はこんな酒蔵です。
http://jizakemaizakura.blog74.fc2.com/blog-category-2.html
最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。
地酒舞桜 守屋酒造株式会社
五代目蔵主 守屋雅博



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です